HOME>アーカイブ>少しのスペースでも利用出来るメリットがある

どんな利用方法が適しているのかを知る

駐車場

高度成長時代に建てられた建築物が古くなり、取り壊されるケースが多くみられるようになっています。しかしその後新築の建造物が出来るのではなく、月極駐車場とかコインパーキングとして利用されることが多く見られるようになりました。駐車場経営が人気な理由には、初期投資が非常に少なく済むと言うメリットがあるからです。大きな建造物を作ると大きなコストがかかり、その費用を捻出することに苦労するなどの理由を考えると、駐車場としての利用は非常に手軽に出来ることになります。月極駐車場に向く場所としては住宅地が考えられ、アパートにパーキングがない場合とか一家に二台必要な家庭に貸し出す方法があります。またコインパーキングは街の中心部が良く、狭い土地でも数台止めるスペースがあれば可能となる良さがあります。

初期費用が少なく済む

駐車場

空いた土地の上手な活用方法に駐車場経営が言われます。空いている土地もさほど広くなく建築物には合わないとか、土地の形が良くないため建物が建てられないなどの理由がある時には、駐車場経営は最適な方法になります。特にコインパーキング事業を希望する人には、初期費用も少なく済むことがあり、投資と言う面倒なことで頭を悩ます必要はなくなります。そしてコインパーキング経営は、人を要する必要がない便利さも生まれて来ます。

大きな望みをしないこと

駐車場

空いた土地の利用方法はいろいろありますが、大きく利益を求めることがないのであれば、駐車場経営が良い方法になります。土地利用にはアパートなどを建てる方法が言われていますが、最初にかかる投資額が莫大になる恐れがあります。アパートを建てたのは良いが、入居者が満足にいないとなると、収益に大きくかかわってくることになり、投資額の回収が難しくなります。しかし駐車場経営ならば、空いたまま貸し出すなどの方法もあり、投資は非常に少なく済むメリットが生まれることになります。

広告募集中